気になる症状

胆管がんとは、胆管と呼ばれる部分に発生する悪性腫瘍の事を言います。胆管とは肝臓で作られた胆汁を、十二指腸に運ぶ際の通り道です。肝臓の内部にあるのが肝内胆管、肝臓の外に出ている部分を肝外胆管と呼びます。 主に胆管がんは胆管の上皮に発生します。上皮とは、胆管の内側の表面を覆う粘膜の事を言います。ちなみに悪性腫瘍が発生した部分ごとに、細かに名前が付けられています。また、肝内胆管に出来た悪性腫瘍は、肝臓に出来たがんという分類になるので、治療の際には肝臓がんの管轄になります。 胆管がんの症状としては、黄疸や腹痛等があります。黄疸は、胆汁の流れがスムーズに行われなくなる事で起きます。顔や体の皮膚等が黄色く染まるという症状です。 それ以外にも、体重減少や発熱等の症状が出る場合もあります。

胆管がんは自然に治る事はない病気です。長期間放置をすると、命に関わる危険性もあります。そのため、早めに病院での検査や治療を受ける事が重要になります。 病院での検査内容としては、最初に血液検査やエコー検査が行なわれます。これらの検査で胆管の拡張等の異常が発見されると、更に精密な検査をする事になります。具体的にはMRI検査やPET検査等です。 検査の結果、胆管がんの存在が発見されたら、速やかに治療が開始されます。具体的な治療方法としては、手術を行なうのが基本となります。胆管がんの場合、今の段階で治癒の可能性があるのは手術だけなのです。 ただし、悪性腫瘍が出来た位置等によっては、手術が難しい場合もあります。そういった際には、放射線治療や化学療法が用いられる事になります。